TeamSpeak(以下TS)導入について
	TSとは音声にて会話を行うツールのことです。
	音声版IRCと考えてもらってもいいかもしれません。
	類似のサービスにSkypeがあります。
	Skypeとの違いについては以下の通りAoCHD.jpサーバーを使用しているためです。

	・通話が軽い
	・IDを教え合う必要がない
	・ch移動が容易なので、チーム同士で会話する際にも部屋を新たに使う必要が無い
	・chさえ作ってもらえれば皆に移動してもらうだけで即通話可能

	より詳細な違いは以下を参照ください。
	>http://www.arcenserv.info/archives/4247/

	【導入】
	
	https://www.teamspeak.com/downloads/
	
	OSが32bitの場合は32bit版、64bitの場合は64bit版のDownloadボタンを押します。
	初期状態では英語ですが、どうしても日本語がいいという場合はhttp://addons.teamspeak.com/より
	Search Addon... にJapaneseと入力します。

	

	結果が表示されますので、Japanese Translationをクリックしてダウンロードします。

	

	ダウンロードされた日本語化言語ファイルをダブルクリックします。
	するとアドオンインストーラが起動しますので、installボタンを押すと日本語化ファイルが適用されます。

	
	TSを再起動すると日本語化が完了します。

	もし日本語になってない場合は、TSのSettingsからOptionsを選択し、ApplicationのLanguageを確認してください
	

	【サーバーの選択】
	必要な設定はサーバーアドレスとニックネームだけです。

	

	【セットアップウィザート】
	初回起動時にはマイクなどの設定をしておくといいでしょう。
	設定より、セットアップウィザートを選択します。
	最初の画面ではそのまま次へを押します。
	ニックネームもそのままでいいでしょう。
	マイク設定は音声有効を選択してください。
	

	次の画面で音声テストを押すと、マイクが周囲の音を拾い始めます。
	実際に話したときにTeamSpeak3 が音声を検出するのは赤枠のバーを超えたときです。
	バーが左過ぎると生活音などの雑音を拾い、右過ぎると声が聞こえなくなります。
	これを踏まえてサウンドデバイスの音量と、このバー左右にドラッグして調整します。
	実際に話すと自分の声が聞こえ、何も話してないときに雑音が入らないように設定してみて下さい。
	

	マイクのミュートのホットキー等は必要であれば割り当ててください。そうでなければそのまま次へを押してください。

	サウンドパックはおこのみでFemale, Maleを選択してください。
	以上です。